エソラ池袋

SHOP NOW master-piece~ALL MADE IN JAPAN~

池袋駅直結Esola2Fに構えるMADE IN JAPANバッグブランドmaster-pieceの直営店MSPC product sort IKEBUKUROからお届け致します。

 

みなさん、こんにちは!

 

早くも真夏のような暑さが来たかと思えば梅雨入り。
如何お過ごしでしょうか?
私も天候と同じく波乱万丈な日々を過ごしております。

 

今まで直営店がどんなものか、や商品のご紹介をさせて頂いておりましたが

肝心のmster-pieceとは何か。お伝えしそびれておりました。

 

いつもブログの頭にMADE IN JAPANブランドと決まり文句のように書いているので日本製というのはお分かり頂けているかと思います。

master-pieceは大阪の南堀江に本社を、大阪と兵庫に自社工場を構えておりBASE大阪・BASE豊岡なんて呼ばれています。

 

 

近年メイドインジャパンを謳うブランドが増えてきていますが実は生産国表記というのは最終工程を行った国を記載出来ることになっています。

極論、最後のタグ付さえ日本で行えば日本製と言えてしまうのです。

 

 

前述したとおりmaster-pieceは日本に自社工場を構えており、デザインや素材の仕入れから始まり製造→販売まで一貫して日本で行われています。

勿論、年々世界の技術も進歩しており他国製だから悪い、日本製だから良い。と決めつけることは出来ません。

しかしmaster-pieceにはメイドインジャパンの肩書だけではない、しっかりとした裏付けがあるのです。

 

 

第一にmaster-pieceの鞄は全て熟練の職人によるハンドメイドで製作されています。

日本人特有の繊細な部分への心配り、職人気質を生かした技術がこれでもかと凝縮されているのです。

そんなこんなじゃへこたれませんが毎日使うもの。どうしてもファスナー不良等生じてしまう可能性もございます。そんな時、master-pieceはその職人の手により修理も行っているのです。安心ですよね。

 

 

そして一貫して日本で行っているメリットの一つとして、アイデアや要望などの情報共有が迅速に行えること。

デザイナーと販売員、販売員と職人、職人とプレス、デザイナー・・・それぞれの声が直に届きます。

我々販売員がお客様との会話の中で「こうしたほうが使いやすい」「あれがあったらいいな」という声が多数あがれば次の生産分から実装されるなんてこともありがち。

 

 

 

master-pieceは生地や縫製等の確かな品質、時代にあったデザイン性、そして使いやすさを追求した実用性の三位一体を掲げています。

 

実際にモノを触って見て頂いたお客様方からは嬉しい事に「かなりしっかりしてるね。」「デザインに一目ぼれして買ったけど使いやすい!」という声を頂くのですがそれだけに留まらず、

「痒いところまで手が届いている。」や、地味で評価されにくい部分ではありますが「何の不備もなく妥協がない」というお言葉をよく頂けます。

自信を持ってご提案させて頂いてる我々としても大変嬉しい限りです。

 

 

まだまだ話しきれない事が山ほどありますが、少し堅苦しい話が続いてしまいましたので今回はこの辺りで失礼したいと思います。

 

最後に”master-piece”というブランド名の由来

 

”masterpiece”という単語の成り立ちのままに、 ひとつひとつのものをマスターし傑作品を生み出すブランドでありたいというコンセプトがもとになっています。

masterとpieceの間を-(ハイフン)で区切っているのには、デザイナーの小さい事でもひとつひとつを大切にしていきたいという想いを表現。

 

 

一見どこにでも溢れてる鞄に見えるかもしれません。

 

しかし、一見分かりづらい細かな部分に拘った作り・使って分かる実用性・日常に溶け込むファッション性。

 

ハマると抜け出せない魅力が詰まっております。

 

ぜひ一度お手に取って頂きたい鞄の数々。

 

少しでも好きになって頂けたら幸いです。

 

MSPC product sort IKEBUKURO TWITTER